ロコモをご存知ですか?

ロコモとは「運動器症候群」=「ロコモティブシンドローム」の略で、運動器の障害により、要介護になるリスクの高い状態になることを日本整形学会が2007年に提唱しています。

ロコモの原因として、大きく分けて「運動器自体の疾患」と「加齢による運動器機能不全」があり、変形性関節症と、骨粗鬆症に限っても、推計患者数は4700万人(男性2100万人、女性2600万人)とされています。

また「ロコモ」は「メタボ」や「認知症」と並び、[健康寿命の短縮] [ねたきりや要介護状態] の3大要因のひとつになっています。

ロコモ予防として開眼片脚立ち、スクワット、ストレッチやラジオ体操などと共に、陸上ウォーキングさらには、「水中ウォーキング」が挙げられています。

なかでも水中ウォーキングは浮力による免荷、水の抵抗作用、温熱効果、水圧効果、心理的効果が見込まれ、以前から国内外の医療機関などで水治療の整形外科的治療効果は実証されています。

水中歩行プール 水中歩行トレッドミルで歩く 水中歩行トレッドミルで歩く トレッドミル部
歩行プールと水中運動器具 プール用リフト

写真をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

ロコモティブシンドローム予防に水中歩行・水中ウォーキング

当社では水中リハビリ用トレッドミル付プールを全国の病院に納入していますが、
最近は高齢者施設での水中歩行プールの需要が高まり、他の施設との差別化をはかるためプールを導入したいというお問い合わせが増え、納入させて頂くことも増えてきています。

プールといっても泳ぐプールではありません。水中歩行、水中運動をする専用プールなのです。
そのため水温も高めに設定して、プール床もすべて滑り止め加工を施しています。
プールの材質は丈夫なFRP。タイルに比べて柔らかい素材ですので、介護・福祉施設で安心してご利用いただけます。

プールの中には同じ場所で歩行ができる電動水中トレッドミル(ウォーキングマシンのようなもの)や、水中運動器具(ジム機械のようなもの)も設置可能です。
また、階段の上り下りが困難な方へは専用リフトもご提供いたします。

寝たきりにならない、させない為に「ロコモ予防」に取り組みましょう。