ある流水浴体験者の例である。
体重88kg/32歳女性は1日45分間、立位式流水バスにほぼ毎日入浴して、入浴70日を経過した時点で体重が66kgに減少した(マイナス22kg)。
立位式流水バス アクアレビューこの女性、流水浴の他には食事制限やその他の運動は全く行わなかったが、流水浴のプログラムを終了してしばらく経った現在でも体重は減少している傾向がある。さらに体調の変化では生理痛がなくなり、精神的にも安定しているとのことである。
また、体重70.6kg/63歳女性は、60日の入浴で54kgに減少した(マイナス16kg)。
体調の変化では血圧が安定し、睡眠不足が解消、肌にスベスベ感が戻ったとのこと。

余分な体重が落ちるプラス相乗効果も

これは体の表面に、旗が風でなびくように揺れる「フラッター現象」がおこり、体の脂肪分を揉みほぐし、燃焼させたことによる痩身効果(シェイプアップ効果)が得られたからである。
通常のダイエットのように自ら激しい運動をするわけではないので、精神的・肉体的負担が少ない。さらに、脳に与えるストレスが少なく鈍麻といって感覚異常からくる過食や嗜好異常が起こらず体重のリバウンド現象も起こりにくいと考えられる。

近年話題のメタボ対策

“メタボ”(*1)を気にしている人はかなり多いと思われるが、「走る・歩く・運動が面倒。」「自分はまだ大丈夫だから。」など運動するのが億劫だと考える人にこそ、流水浴は最適であると言える。
上記の体験者は、中性脂肪・コレステロール値がいずれも下がり、高血圧も正常範囲まで下がったのである。
(*1)メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型肥満により病気を引き起こしやすくなった状態を指す。

次回は、「第2回 流水の効果と血圧の変化」について