油回収装置

油回収器 粘度 ムース化油 不動テトラ

油回収装置

船舶事故などにより多量の油が海へ流出すると、沿岸漁業を中心として大きな被害が発生いたします。
流出した油が、沿岸に押し寄せる前に迅速かつ効率的に回収することが求められます。
油は水に浮かぶ状態で、波にもまれ風に吹かれ広い範囲に移動、拡散して行きます。
やっかいなことに、時間が経つにつれて、その粘度が上昇し、回収を一層困難なものにします。

技術的には、流出油との戦いは流体をどのように制するか、につきるといっても過言ではありません。

北海道開発局様、近畿地方整備局様、日本作業船協会様、不動テトラ様は、油回収装置に関する特許を取得されています。その開発実験においては、弊社の流体技術を御利用いただきました。
 弊社では、不動テトラ様との提携のもと、油回収装置の製造を担当しております。

油回収装置 油回収器 粘度 ムース化油 不動テトラ
Marine Technology Institute











  投げ込み式小型油回収装置を開発しました。